田植え終盤戦。

2017.06.15.Thu.23:00

無事15日までにヒノヒカリの植え付けが終了しました。

ただし、私の管理している水田はって注釈がつきます(^^;
古代米の準備の合間に残りのヘルプに回るつもりです。


植え付けデッドラインがなぜ15日なのかと言うと、
これ以上遅れるとデメリットが多すぎるのです。

発芽して芽が出たのが多分5月10日前後です。
田植えをいつも始めるのが6月に入ってから、早稲から順番に。
20日~25日苗が最初の植え頃。


もう一週間すると植え頃中盤。
葉が伸びすぎる品種が出てくるので苗に負荷をかけて短く育てるか

植え付け時に葉の先をカットして植え付けるかです。


さらにもう1週間で蒔いてる籾の量が乾燥籾で100グラム

濡れた籾で125グラムぐらいまでなら軸が太い大苗になります。
これが植え頃終盤です。丈夫な苗を植えなければいけない場合に。
葉が長ければカットするのは同じ。活着時に負荷が少なくなります。
以降は特殊な品種以外はメリットが全然なくなるのでオススメしません。

残りは古代米や品種改良の稲など私の道楽?な田植えのみです。
今日も余裕がなかったので写真はなしですが、
かわりに前に書いたきゅうりの間のコンニャク芋の写真
撮ってきたので載せておきます(笑)

CA3A2331.jpg

関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する